【串のご紹介】 特上レバー | 鳥幸

こんにちは。
ブログをお読みいただきありがとうございます。
本日は鳥幸名物「特上レバー」をご紹介致します。

◆鳥幸の特上レバー◆
鳥幸のレバーは、苦手な方でもお召し上がり頂けるとご好評の声を頂いております。
新鮮で上質なレバーだからこそ、独特の臭みが少なく、濃厚なコクをご堪能頂けます。
中がとろりと濃厚になるよう焼き上げ、ふわふわとした独特の食感をお愉しみ頂けます。

◆焼き方のこだわり◆
レバーは焼き過ぎるとパサつきが出やすい部位なので細心の注意を払い、食感をしっとり仕上げる為に中火で焼き上げます。
お客様が召し上がって頂くまでにも食材に火が入ってしまうので、炭から離すタイミングを見計らいタレ付けの作業を行います。
食材の食感・タレのノリ・照り具合を最高のものに近づける為にも火加減が重要となり、焼き師は炭を操り、最高の焼き回しで至極の一本を仕上げてご提供致します。

◆「特上レバー」に合うワイン◆
鳥幸では、1本目はサッパリと塩系の串からお召し上がり頂き、味の濃いタレ系は後半にご提供しておりますが、
常にお客様のお食事ペース、テーブルを意識し目配せしながら焼き上げるタイミングを計っております。
赤ワインを好むお客様にはタレ物を先にご提供致します。
特上レバーは正に赤ワインに合う一本。
特製ダレを絡めたレバーには赤ワインがおすすめです。

特上レバーの柔らかく広がりのある味わいと深みがあり、甘みのあるタレには、ドライレーズンのようなアロマに、
コクと旨みを持った、イタリアの「ヴァルボリチェッラ リパッソ」やカリフォルニアの「ジンファンデル」との相性が抜群です。

是非、鳥幸の名物「特上レバー」をご賞味ください。
白木のカウンターが出迎える、凛とした大人の空間はデートや接待に最適です。
ご来店お待ちしております。